スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナーディル・シャー

ナーディル・シャー ヨナス・ハンウェイによるナーディル・シャーのポートレートナーディル・シャー(ペルシア語: ???? ??? Nādir Shāh、1688年10月22日?1747年7月20日)は、アフシャール朝の初代シャー(在位:1736年?1747年)。きわめて短い期間だがアナトリア東部からイラン、中央アジア、インドにおよぶ広大な領域を支配下に入れた。イラン史では一代の梟雄とされ、その武勇は「ペルシアのナポレオン」、「第二のアレクサンドロス」と言う歴史家もいる。来歴ナーディルはサファヴィー朝末期の1688年、ホラーサーンのマシュハド北方ダッレ・ギャズに生まれた。出自は不明で、テュルク系オグズ族アフシャール部族連合キルクルー族の族長の子として生まれ育ったとも、貧しい牧夫の子として生まれ、ウズベクに掠奪され奴隷として暮らしたのちアフシャール部族連合のもとへ逃亡したとも言う。1710年代にはアフシャール部族連合を率いてこの地域に勢力を伸ばすようになる。1719年からサファヴィー朝中心部へと勢力を伸ばしていたアフガーン族は1723年、ついにイスファハーンを陥落させ、スルターン・フサイン・シャーは降伏・退位して事実上サファヴィー朝は滅亡した。あとをついでガズヴィーンで即位したシャー・タフマースブ2世にイスファハーンの奪還はかなわず各地を放浪したのちホラーサーンに落ち延びた。このころまでにナーディル・コリー・ベグを名乗っていたナーディルはタフマースプに仕え、タフマースブ・クリーを名乗るようになる。タフマースブのもとナーディルは勢力を拡大、1726年のマシュハド掌握、1729年にダムガーン会戦でアフガーンを破り、翌年にはアフガーンを駆逐。絶大な権力を掌中にして破竹の進撃を開始し、タフマースブはイスファハーンで即位式を挙げた。1732年、ナーディルがホラーサーン方面へ出動中、タフマースブ2世がオスマン帝国との戦いに敗れると、ナーディル・クリーはアルメニア、グルジアを割譲してオスマン朝と和睦する一方、タフマースブをホラーサーンへ追放。タフマースブの8ヵ月の子・アッバース3世を擁立してその摂政となった。1736年、シャー・アッバース3世が死ぬと、自らがシャーとして即位。ナーディル・シャーを名乗り、アフシャール朝を開いた。その後、ナーディル・シャーは勢力拡大を目指して、1733年

<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)
女性への薬物譲渡「押尾被告に言い訳相談された」 友人初公判(産経新聞)
郵政グループ、3社体制に=政府が改革素案(時事通信)
小林秀雄の未発表音源みつかる 『本居宣長』への執筆意欲語る(産経新聞)
<エンデバー>米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。